「米粉と食育」セミナー

  • ~おいしさ、健康、文化。未来に伝えたい、にっぽんの米粉料理。~
  • 「米粉の名人」料理グランプリは、農林水産省「日本の食魅力再発見・利用促進事業」です。
  • NPO法人国内産米粉促進ネットワークとは
  • 大会開催スケジュール
  • パンフレット
  • 「第1回全国米粉料理レシピコンテスト」レシピ写真集
  • 「第2回全国米粉料理レシピコンテスト」レシピ写真集
  • twitter
  • WEB応募
  • 郵送応募

 アレルギー原因物質については、平成24年度に消費者庁が実施した「即時型食物アレルギーによる健康被害の全国実態調査」によると鶏卵、牛乳、小麦が3大原因食物でありました。鶏卵39.0%、乳製品21.8%、小麦11.7%が多く、以下ピーナッツ、果物が上位5傑となっています。上位3抗原で全体の72.5%、5抗原で81.6%を占めています。
 これは、極めて一部特定の原因食物で我が国の即時型食物アレルギーのほとんどが誘発されていることを示し、その対策の方向性を示すものであると、同調査の中で述べられています。
 また、初発の原因食物においては、0歳群において3大原因食物(鶏卵、牛乳、小麦)が圧倒的に多いが、それ以降は各年齢群の特徴が表れていますが、19歳以上の群では1位に小麦、2位に魚類、3位に甲殻類となっています。
 上記の原因物質の中でも、小麦はパン、うどん、パスタなど麺類の主食やお好み焼、たこ焼き、餃子、てんぷら、揚げ物の衣、つなぎ、スイーツ(ケーキ、クッキー)等多くの調理や加工食品に使用されています。
 こうした背景を踏まえ、米粉活用による食物アレルギーの対応が今注目されています。
 米粉を原料にした食品で、アレルギーのある方もない方もおいしく食べられることができれば素晴らしいことではないでしょうか。それには、家庭以外にコンビニエンス、スーパーマーケットやレストラン、ホテルなどで安心して食べられる米粉を活用したメニューや選択肢が増えることが望まれます。

NPO法人国内産米粉促進ネットワーク

応募シート

セミナーチラシ

ダウンロード

NPO法人国内産米粉促進ネットワーク
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-21 轟神田ビル702
電話:03-5283-6335
Copyright(C)2015 All Rights Reserved.禁無断掲載